CLARICLIP

クラリネットと吹奏楽の情報サイト

B40からB40ライヤーに乗り換えたけどやっぱりB40に出戻ったのでレポートしてみる

f:id:sawaracco:20181126225401j:plain

 

以前、『B40からB40ライヤーに乗り換えて2ヶ月経ったのでレポートしてみる』という記事を書きました。
簡単に言うと「B40からB40ライヤーに乗り換えたんだけどめっちゃ良いよ!」というお話です。 今回はその続編になります。

 

▼前記事

 

あれから2年ほど経った現在。
実は私、B40ライヤーを使用しておりません(笑)
1年ほどB40ライヤーを使用した後、B40に戻したんです。

 

あんなにも絶賛していたB40ライヤーをなぜ使わなくなったのか。なぜB40に戻ったのか。
B40ライヤーを1年ほど使用してみて、自分なりに感じたことをつらつらと書いてみましたので、興味のある方は読んでみて下さいね。

 

少しでもマウスピースで迷っている方の参考になれば嬉しいです!

 

 

 

そもそもB40からB40ライヤーに乗り換えた理由

 

あの頃、私はB40への不満点がいくつかありました。

 

1. 息の入り方が太すぎる
2. もっとコンパクトでスマートな音を出したい
3. B40で吹けるリードが少ない
4. 梅雨や夏になると吹奏感が重くて苦しい

 

ざっと書き出すとこんな感じ。
この4点に関してはB40ライヤーにすることで全て解消することができました。
当時の自分にとってはまさに救世主でした。

 

▼B40ライヤーはこれ 

 

最初の数カ月は快調!しかし…

 

最初の数ヶ月は何の不満もなく、楽しくB40ライヤーを吹いていました。
吹くのが楽だし、合うリードは沢山あるしで大満足。特に抵抗感が私には丁度良く気に入って使っていました。

 

しかし、使い始めて半年を過ぎた辺りから不満点がポツポツと出てきました。
例えるなら、付き合い始めてから「あれ?」という部分が徐々に見えてくる恋人みたいな感じでしょうか(笑)

 

主な不満点は2つ。

 

不満点1 ◇ ピアニッシモ(小さい音)時の雑音


使っていくうちになぜかピアニッシモで吹くとザーっという雑音が乗るようになりました。
使用していた1年の間にB40ライヤーは4〜5本買いましたが、どのB40ライヤーでも鳴るので個体差や劣化が原因ではなさそう。

 

B40ライヤーで雑音で困っているという話は誰からも聞いたことがないので、僕の奏法との相性が悪かっただけかなと思っていますが…
色々と試行錯誤してみたものの、結局これが解決できなくてB40に戻すことにしたので、原因は謎のままです。

 

 

不満点2 ◇ 音色の幅が狭い


以前の記事でB40ライヤーは“壁に息を当てて音を出すような感覚”であるということを書きました。
B40ライヤーはそれによって音を良い感じにまとめてくれるマウスピースなのだと思います。
マウスピースが音色を作ってくれるという感覚です。

 

適当に息を放り込んでもある程度良い感じな音にしてくれます。
これは演奏する上で非常に楽です。革命的に楽です。
いつどんな状況でも良い音が出せる(出てくれる)というのはとんでもなく大きなメリットですよね。

 

しかしその分、出せる音の幅は狭くなってしまうんです。
極端な言い方をすると、汚い音を出したくても全部良い音になってしまう。
そんな感じ。

 

これをメリットと捉えるかデメリットと捉えるかはその人次第だと思います。
私は1年間使っていくうちにデメリットだと感じることが多かったので、B40に戻す決心をしました。


以上が私がB40ライヤーからB40に戻した理由です。

 

 

不満のないマウスピースなんて存在しない


こうして私はB40に出戻りしました。
改めてB40を吹くと、音色の幅表現の幅が広いマウスピースだなと感じます。

 

その代わり自分や楽器、リードの調子が全部音に出るので非常にシビア
B40ライヤーと比べると良い音を出すのにひと苦労です。
合うリードは少ないし、抵抗感が強くて苦しいこともあります。

 

でも、私にとってよりしっくりくる音が出せるのはB40なんですよね。
そんな訳で細かい不満はありつつも、現在もB40を使っています。

 

▼B40はこれ

 

B40ライヤーは良いマウスピース


今でもB40ライヤーは良いマウスピースであるという評価は私の中では変わっていません。

私の師匠は長年B40ライヤーを使っていて、本当に素晴らしい音で吹いています。レッスン中、その音色に圧倒され感動し何度涙が出そうになったことか…

 

私もあんな音を出したいと師匠の音に憧れてB40ライヤーに変えた部分もあるのです。
ですが、私には吹けなかった。

 

結局は相性なんだと思います。
B40ライヤーは私には合わない。師匠には合う。
それだけだと思います。

 

B40もB40ライヤーも良いマウスピースなのは間違いありません。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
思うがままに書いていたら、なかなかの長文になってしまいました。

 

クラリネット吹きにとって、マウスピースやリードの悩みというのは一生ついてまわるものですよね。悩むのが楽しみであったりもしますが(笑)

 

今回は私の悩めるマウスピース事情を文章にしてみました。
なかなか赤裸々に書いたので少々お恥ずかしいです(笑)

 

B40でもB40ライヤーでも5RVライヤーでも、はたまた他のマウスピースでも良いと思います。
自分の出したい音が出せるマウスピースを皆さんも見つけてくださいね!

 

 

▼マウスピースの記事、他にも色々書いてます。