CLARICLIP

クラリネットと吹奏楽の情報サイト

マウスピースパッチを吹き比べてみた!

f:id:sawaracco:20160622214733j:plain

先日仕事先で後輩に遭遇して話をしていたら「最近パッチ貼らないで吹いてみてるんですけど結構良いんですよー」と言っていて、それを聞いてからパッチが無性に気になってきました。

 
何も貼らないのはあまり好きじゃないからナシとしても、もう少し薄めのパッチにしてみるのもいいかもしれない、と。
 
10年以上バンドレンの0.35mmのパッチしか使ってこなかったので、これを機に色々試してみることに。
 

クラリネットパートの音作り!【役割を理解しよう編】

f:id:sawaracco:20160613140018j:plain

 

吹奏楽コンクールシーズンが近づき、クラリネットパートの音作りやまとめ方で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

クラリネットパートの音作りについて、数回に分けて解説したいと思います。

今回のテーマは役割を理解しよう編です!

 

吹奏楽におけるクラリネットは、EsCl・B管1st・2nd・3rd・BassClなどパートが細かく分かれています。

大編成だとAltoClやContraBassClまであることもありますよね。

 

クラリネットパートとしてまとまり、良い音を作り出すには思いやりが大切です。

 

まずは各々のパートの役割をきちんと理解すること。

自分の担当パートの役割はもちろん、他のパートの役割も理解しましょう。

 

そうすると「この場面はこうするとあのパートと音が合わせやすいかな」「こうしたらみんな迷わずに吹けるかな」と考えられるようになります。

そんな小さな思いやりの積み重ねが良い音を生み出すんですよ。

 

今回は吹奏楽におけるクラリネット各パートの役割をわかりやすくご紹介していきます!

 

続きを読む

うまくなる!クラリネットのおすすめスケール教本4冊

f:id:sawaracco:20160605220724j:plain

 

皆さんは普段スケール(音階)の練習はしていますか?

 

クラリネットを上達する為にスケールの練習はとっっても重要なものです。

はもちろん、レガートタンギングの練習になりますし、調性感和声感を養うことにも役立ちます。

 

曲に出てくる沢山の連符たちも実はそのほとんどはスケールの一部なのです。

スケールを練習することで譜読みもぐっと早くなりますよ!

 

今回はおすすめのスケール教本をご紹介します!

 

続きを読む

B40からB40ライヤーに乗り換えて2ヶ月経ったのでレポートしてみる

f:id:sawaracco:20160530231707j:plain

 

2ヶ月程前、私はマウスピースをB40からB40ライヤーに乗り換えました。

 

「数日お試しで使ってみよう」くらいの軽い気持ちで使ってみたところ、思いの外ハマってしまい現在に至ります。10年以上B40一筋だったにも関わらず、こんなにあっさりと乗り換えてしまった自分に自分で驚いています。

 

主にB40との比較になりますが、B40ライヤーを2ヶ月使ってみて感じたことをレポートしてみようと思います!

 

続きを読む

クラリネットのチューニング方法教えます

f:id:sawaracco:20160528183205j:plain

 

皆さんは普段どうやってクラリネットをチューニングをしていますか?
ほとんどの人はタルを抜いてチューニングをしていると思います。
それは決して間違っていません。
しかし、タルばかりを沢山抜いてしまうと楽器全体の音程のバランスが崩れてしまうのです。
 
バランスが崩れた状態で「ここの音程が悪いんです」と助けを求めてくる生徒の多いこと多いこと。
きちんとチューニングをしてあげるとそれだけで改善することがままあります。
 
上手にチューニングをして、気持良く楽器を吹きましょう!
 
続きを読む

みんなの力を引き出す!上手なクラリネットのパート割り

f:id:sawaracco:20160525233220j:plain

 

吹奏楽においてクラリネットは一番人数の多いパートです。

人数が多いだけにパート割りに悩まされている学校も多いのではないでしょうか。

 
吹奏楽指導に行くと残念なパート割りになっている学校がたくさんあります。
きちんとパート割りをすればもっと上手に聞こえるはずなのに勿体ないなぁとよく思うのです。
 
上手なパート割りの方法を覚えて、クラリネットパートの力を引き出しましょう!

吹奏楽部員の君へ。上手な音源の聴き方!

f:id:sawaracco:20160524233756j:plain

 

「音源をよく聴いておくように!」なんて先生や先輩から言われませんか?

最近は大抵の曲がYouTubeで聴けるようになってしまいましたね。私も頻繁に利用しています。

 

実は音源にも上手な聴き方があります。

今回は私流の音源の聴き方をご紹介します!

 

続きを読む

クラリネットのおすすめリガチャー5選!

f:id:sawaracco:20160523023834j:plain

 

以前書いたおすすめマウスピースの記事が好評だったので、今回はリガチャー編です!

 
皆さんはどんなリガチャーを使っていますか?
リガチャーはマウスピースに比べると軽視されがちですが、音色やタンギングへの影響がとても大きい部分です。
特に音色はかなり変わるので、その人の趣味趣向が最も出る部分とも言えます。
プロも人それぞれ、様々な種類のリガチャーを使っているんですよ。
 
ということで、今回は私のおすすめリガチャーをご紹介!
 

クラリネットを吹いていると下唇が痛くなる人は「歯紙」を使おう!

f:id:sawaracco:20160520113000j:plain


クラリネットを吹いていると下唇が痛くなりませんか?

具体的には下唇の内側、下前歯が当たる部分。

 

痛くなるのはプロでも一緒なのです。長時間吹いていると多少痛みが出るのは仕方のないことだと思います。

この嫌な痛み。プロのほとんどの人は何かしらの対策をしているのです。

私はあぶらとり紙を折り畳んで歯に被せています。おそらく最もポピュラーな方法です。この歯に被せる紙が通称「歯紙」です。
 
ということで、今回は私流の歯紙の作り方をご紹介します!
 
続きを読む

クラリネットの「キャー」にお悩みのあなたへ。原因を知ってリードミスを減らそう!

f:id:sawaracco:20160515235301j:plain

 
リードミス。それはクラリネットの宿命です。
絶対してはいけない所でしてしまったこと、クラリネット吹きなら誰もがあるのではないでしょうか。
 
リードミスは予測不能で起こる。そんなイメージがあると思います。
しかし!
リードミスには必ず原因があるのです。
原因を知り対策をすればリードミスは減らすことができます!
 
今回はリードミスの原因と対策について書いていきます。
 

上手に使って耳を育てよう!音程合わせの為にチューナーを使うべき場面、使ってはいけない場面

f:id:sawaracco:20160513224925j:plain


ゴールデンウィークが終わり、今年も吹奏楽コンクールの季節が近づいてきましたね。

近年の吹奏楽コンクールでは「音程がいかに合っているか」という点が最も重要視されています。
皆さんも日々音程合わせに苦労していることでしょう。
そんな音程合わせのお供にチューナーはとっっても便利なアイテムですよね。

しかし!チューナーには使いどころがあるのです!
上手く使えば上達の手助けとなってくれますが、使い方を誤るとチューナーが足を引っ張ってしまうこともあります。

ということで、今回はチューナーの上手な使い方を解説します!

続きを読む

クラリネットを始めたらこれを買おう!おすすめ小物7つ

f:id:sawaracco:20160513004907j:plain

 
クラリネットを始めると色々な小物が必要になりますよね。
楽器屋さんに行くとたくさんの種類があって、どれを買えばいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

ということで、今回はクラリネットのおすすめ小物をご紹介します!

続きを読む

クラリネットの正しいアンブシュアを身に付ける為の3つのポイント!

f:id:sawaracco:20160511215929j:plain

 

皆さんは正しいアンブシュアでクラリネットを吹いていますか?

アンブシュアとは、クラリネットを演奏する為の「口の形」のこと。
正しいアンブシュアで演奏することはクラリネットを上達する上で最も重要な要素です。

いくら正確に速く指が動いても、楽器に息をたくさん吹き込めても、アンブシュアが良くないと全てが台無しです。正しいアンブシュアで演奏することで、楽に良い音でクラリネットを奏でることができるようになりますよ!

ということで、今回はクラリネットのアンブシュアのお話です!

続きを読む